泣いたりぐずったりおこったり

手におえない時もあるけれど、

きみの笑顔が、

なによりも大切な宝物。